国税とは異なる地方税としての住民税とは

税金には、国税と地方税という二つのカテゴリーのものがあります。これは、税金を徴収する主体によって分類されるもので、国税とは政府によって徴収される税金であり、様々な国家歳出のために用いられる資金となるものであるのに対して、地方税とは、その人が居住している地域の地方自治体によって徴収されて、その自治体の事業のために用いられる財源となるものです。この地方税というものは、その地域に居住している住民から徴収される地方自治体の財源となるものであるために、これが、一般的には住民税と呼ばれているわけなのです。この地方自治体の財源となる地方税というものにも、様々な種類のものがあるわけなのですが、その主要なもののひとつとなっているものに、不動産関係の財産税というものがあります。これは固定資産税がその典型的なものなのですが、つまりは、不動産という資産に対して、それを貨幣価値に換算しての課税、というものになっているわけなのです。