保育士の仕事とは

保育士とは、一般に保育所など児童福祉施設において子供の行う人のこといいます。児童福祉法に基づく国家資格です。年に一回、試験が行われます。一次試験は筆記試験で、試験科目9科目すべてに合格すると実技試験に進みます。実技試験にも合格すると、資格を取得することができます。保育系の大学や短大、専門学校を卒業すると、資格を取得できます。必要な単位を取得して卒業すると、資格試験を受験しなくても資格を取得できます。通信講座などで勉強し、資格試験を受ける方法もあります。自分で資格試験を受験する場合、受験資格条件を満たしている必要があります。就職先を探す方法としては、学校に通っている人は紹介してもらったり実習先から声がかかることもあります。また、インターネット等で求人を探す方法もあります。保育所以外にも、託児所やベビーシッターなどこの資格を必要としている仕事は多くあります。近年は、女性だけでなく男性でもこの資格を取得し働いている人も多いです。