少子化対策について

最近では県や市町村といった多くの自治体で子供の出生数が少なくなることに対する危機感を持ちはじめていると言われています。子供の出生数が少なくなるといろいろなところで問題がでてきます。例えば、年金の担い手が減少するということです。年金制度は現役の働き手が高齢者を支えるという賦課方式を日本では採用しています。そのため、将来の年金の担い手である子供の数が少なくなることは年金制度の破綻に繋がる可能性があります。また、日本では現在年金を受ける高齢者が多いため、より年金が厳しい状態になると言われています。また、子供の減少は将来的な労働力の減少に繋がります。労働者が減少すれば国の経済も停滞することから、将来的な労働力の担い手である子供の増加が望まれているところです。そうしたことから、基礎自治体で少子化対策を行っています。例えば、お見合いパーティーや子供ができた場合は特別給付金を支給するなどの対策が挙げられます。