ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアへなるためにはさまざまな方法があります。一番多いのは工学系の大学を卒業して就職した後に配属されるパターンです。この場合はネットワークを学んでいる場合が多いのですが、文系の場合でも希望すれば配属できる会社も多く、分野外の人でも基礎から学べる会社が多いようです。2つめは情報処理試験でネットワーク分野の資格を取得して専門家として就職を探すパターンです。情報処理試験は高校生から合格できる基礎分野から専門家として実績がないと合格が難しい分野までありますが、受験資格がないため、知識を持っていれば実績がなくともネットワークスペシャリストの資格も取得できます。最年少では中学生が合格していることもあり、専門家として就職するために持っていると就職にも有利な資格です。ネットワークの専門家として仕事をしますが、ネットワークは家庭用のLAN設備から業務用のネットワーク・サーバまで幅広いのでいつでも最新の知識を修得することも重要です